検索
  • takashi suzuki

静電気事故が減らない理由、異物不良が減らない理由

化学工場でその行為が事故につながるかどうかのリスクの見積もりができるかどうかは従業員のセンスに依存する場合も多い。ここで言うセンスとは経験値と言っても良い。現場に静電気事故を起こした, あるいはその悲惨な後処理現場を目の当たりにした従業員はどれくらいいるだろうか。実際経験が浅ければ正しい知識があったとしても機能発揮できない場合もある。正しい知識持った健全な組織であったとしても, 事故の経験のない管理者に正しいリスクの見積もりを求めても酷というものである。事故の経験をしていない者は未熟な者であるとか, 正しい対策ができるはずはないと言っているわけではないので誤解のないように解釈して頂きたいのだが, 静電気事故は過去のこととする風潮がある。多くの事故を経験した世代, 事故の反省から真剣に細則を作った世代は現在現場に少ないと思われる。事故を経験した世代, 細則を作った世代の思いを継承すべく, 若い技術者は再度静電気について学ぶべきと考える。目的はもちろん従業員保護だ。


話題を同じく化学工場の品質トラブルに多い異物に変える。

異物が多い現場で製造を行うと、当然製品には異物が付着し異物不良を起こす。

なぜ異物が多い現場になってしまうかというと、ここでも従業員のセンスに依存する場合も多い。ここでのセンスとは異物が多い現場だと気づく能力、何かおかしいなとゾクッと感じる能力のことである。センスが悪い現場であると、これは組織をマネジメントしている層に言いたいことであるが現場に異物があるのに見ないふりをする、異物が品質に影響ないと決めつける、清掃をしないという行動にでる。


現場で事故が減らない理由、異物不良が減らない理由は、従業員のセンスであろうか、組織のセンスであろうか。

通常、現場は組織以上の成長はありえない。

組織のセンスは正常であろうか。


一代技術士事務所 鈴木


11回の閲覧

©2019 一代(いちだい)技術士事務所