​コンサルティング実績

◆停電時緊急遮断弁の開発(埼玉県、2019年6月)

コニカル乾燥機稼働中、停電が起こり外気が侵入し製品を汚染したという事例があった工場に対し、コンタミ防止を目的とした停電で閉まる、復電しても閉まっているという弁の設計開発を行った。

◆TMAH廃液費用の削減(埼玉県、2019年6月)

半導体関連の洗浄液(廃液)の処分方法を模索している会社に対し、持続可能な経営のための適切な処分方法の提案と、継続的な社内の仕組みの定着化を促進させた。

◆新興国での河川水質改良剤メーカーの探し方について(東京都、2019年8月)

東南アジアの河川水質向上薬品を探している会社に対し、国内水処理薬品メーカーを調査しコスト-効果バランス良い薬品の提案を行った。

◆電力調達と省エネ法への対策について(東京都、2019年8月)

電気代を抑えたいという会社に対し、力率の悪さを指摘し、力率改善の手法、具体的には高圧コンデンサーの設置を提案した。

◆労働安全診断(静岡県、2019年8月)

粉じん爆発を懸念している会社に対し、粉体の体積抵抗率を測定し、危険度の見える化を行った。
この測定には当事務所-大学-研究所の産学官連携で行った。

◆イオン交換体についての調査(東京都、2019年10月)

イオン交換樹脂の性能を調査している会社に対し、国内のニーズ、例えば半導体関連薬品の製造の際のイオン交換水の水質改善への期待などの技術レクチャーを行った。

​◆静電気事故防止指導(群馬県、2019年11月) ☞お客様の声

静電気事故に不安をかかえている会社に対し、従業員に対しては教育訓練、現場に対しては導通チェック、漏洩抵抗の測定などを行い、また継続的な社内事故防止の仕組みの定着化を促進させた。

◆石油化学製品、自動車製造で発生する廃棄物とその処理方法について(東京都、2020年2月)

東南アジアで廃棄物処分をビジネスとして行おうとしている会社に対して国内の石油化学製品、自動車製造の廃棄物とその処理方法の動向について技術レクチャーを行った。

◆工場における警備や清掃・緑化のコストカットに関して(ZOOM会議、2020年3月)

警備、清掃、緑化といった本業外のコスト削減を考えている会社に対してテクニックレクチャーを行った。

◆消毒剤について(埼玉県、2020年4月)

消毒剤散布を行う清掃会社に対して原液の希釈方法、SDSの読み方、殺菌の効果測定方法、散布液の濃度確認方法などのレクチャーを行った。​

◆化学プラントにおける工事・メンテナンス事業について市場調査(skype会議、2020年4月)

市場調査会社に対して、国内プラントの稼働状況、新規開設の動向​​、プラントの工事・メンテナンス事業を内製化するか、外注するかの判断軸といった化学プラントの​​市場調査の一部を協力した。

◆化学工場の産業安全関係法令などコンプライアンス体制構築(群馬県、2020年5月)

化学会社に対して、現時点で必要とされる役職、資格、安全管理体制、その根拠法令などをまとめた。

◆遊休倉庫の化学薬品の処分(埼玉県、2020年5月)

故人の残した農薬等の化学薬品の処分方法に困っている方に対し、処分方法のレクチャーを行った。

​など

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

©2019 一代(いちだい)技術士事務所