検索
  • takashi suzuki

静電気事故防止事例 ~作業台はアースをしましょう~

ある会社さんの作業台で静電気の電撃を感じました。 おやっと思いました。 作業台の天端は木製のパネル、フレームはスチール製、床はコンクリート 私は静電気防止の安全靴を履いていました。 すべて導体ですので、通常ですと電撃を感じるはずはないのですが・・・ 電撃は木製パネルとフレームをとめているビスからきました。


作業台にはキャスターがついていました。 これがおそらく不導体で、作業台は浮いた導体(浮遊導体)になっていたのでしょう。 作業台で起きた静電気が逃げ場を失い、ビスから私に向かって放電したのですね。


この作業台ではプラスチックの板を加工し、それを作業台の上でスライドさせて

(滑らせて)次のオペレータさんに渡すという工程でした。 女性従業員にお仕事してて静電気起きませんか?と聞くと嫌そうな顔をしてすごく起きると 返ってきました。 従業員さんは気づいていたのでしょうけど仕方ないことだと思っていたのでしょう。




単純に作業台がアースがされていないのですね。 導体の静電気対策の基本はアースです。 早速作業台にチェーンをつけました。



アースは恒久的な対策が必要です。 したりしなかったり、邪魔だと外されたりするような対策はNGです。 ちょっと重いチェーンを採用しました。 重力でしっかり床とアースされます。


せっかくなのでメガーで効果測定をしてみました。

(ちなみにわたしの手ではありません。社長さん呼んできて、社長さんに測っていただきました。)


チェーンをつけた時の抵抗は0.4MΩ(導通しています)



チェーンをつけていないときの抵抗2000MΩ以上(導通していません)



導体の静電気対策はアースが基本です。 静電気は冬だけの問題ではありません。 この会社さんは可燃性の危険物の取扱いはなかったのですが、 静電気の電撃は嫌ですよね。 もし、これが化学工場だったら大変な事故になっていました。


この程度の工夫で明日から快適な作業空間になります。


一代技術士事務所 鈴木


0回の閲覧

©2019 一代(いちだい)技術士事務所